参会者の声
参加者の声2
改善事例

短期間で赤字から黒字へ転換し、借換えにより資金面で安定しました。

< 1.企業概況 >

関西にある建設会社ですが、金融機関からの紹介で「経営計画作成セミナー」に参加され、その後、月次の予実管理サポート(MAS監査サービス)を行っています。 お会いしたときの社長の問題点は以下のような内容でした。

< 2.現状での1年後の見通しを作成しました。 >

  • 完工高    190,000千円(損益計算書 頁2 )
  • 経常利益   △33,000千円(  〃     )
  • 期末資金残  △50,000千円(貸借対照表 頁4 )
当座資金

※期首に比べ△63,000千円当座資金(現預金)が減少しました。

< 3.現状を踏まえて社長に「聞いて」作成しました。 >

現状での問題は、完工高重視で、工事別の利益管理が出来ていないため、限界利益率 8.5%と低い点にありました。 そのため、売上高は、前年比△14%とし、限界利益率の改善と、固定費の削減を行うとともに、現状3年返済を借換により7年返済にしました。

【 改善内容 】

(1)限界利益率の向上
(2)固定費の削減を実施する。(6,200千円の削減)
(3)資金対策として、3年返済を7年に借換えを行う。(長期借入金年間返済減少額17,000千円)

< 4.金融機関の協力 >

当該企業は、実質破綻懸念先でしたが、改善内容を、具体的数値(損益・資金)で示せたことにより借換えに応じてくれました。

【 改善後の損益・資金計画概要(単位千円) 】

現状計画値 今期計画値 差引
完工高 190,000 190,000 0
限界利益 16,200 54,500 +38,300
限界利益率 8.5% 28.7% +20.2%
固定費 49,000 42,800 -6,200
経常利益 -33,000 11,700 +44,700
当座資金 -50,000 5,800 +55,800